質屋に持ち込む商品で一番多いのが、高級時計やアクセサリーなどの貴金属類だそうです。

では、そのような商品をちょっとでも高値で査定してもらうにはどうしたら良いのか?

まず査定がアップするコツとして挙げられるのが、商品の曇りや汚れを取って綺麗な状態にしてから出すこと。

見た目が特に重要視される貴金属類なので、少しでも汚れは取り除いて査定に出すようにしましょう。

鑑定士の方の心証を良くするだけで、査定額がアップすることも珍しくありません。

ただし、目の粗い布や研磨剤でこするとキズの原因になりますので注意しましょう。

たいてい高級時計には保証書や予備となるベルトやベゼル等が付属されているでしょう。

この様な付属の品も査定では有効的なので、可能な限り保管しておく事です。

尚、中でも旧式の手巻き時計は、軸箇所にルビー使用の場合も多々あります。

そういうのは付加価値で宝石が査定の値段に追加されますよ。

高級時計やアクセサリー等の嗜好商品に関しては、地方にある質屋に比べて東京等の都市部にある質屋や買取業者のが高い価格で買い取りしてくれるケースが多いです。

やはり東京等の都市部は買い取り業者の店舗数も多いので、それだけ競争率も高いのかもしれませんね。

当然、必ずしもそうだとは言い切れませんが、一つ先の駅の店舗に持っていったら査定金額が数万円異なった…なんて話も結構聞きますよ。

商品の状態を良くし、あれば付属品を忘れずにして、色々リサーチして少しでも高い買取をしてもらえるようにしてくださいね。